ダーツの投げ方

調整上手がダーツを制する

ASJUSUT(アジャスト)せよ

さまざまなアジャスト方法をしりステップアップを計るべし

ダーツは「調整」のスポーツ。
狙い、フォーム、イメージをいかに
正確に調整できるかが勝負を決める

上下のズレをアジャスト テイクバックを変えれば飛びが変わる!

ダーツの飛びが悪かったり、飛び過ぎたりで狙いが上下にズレる時、
テイクバックの引き幅でアジャストする方法とは?

最初はD20をひたすら狙う!D20に狙いが合うようになったらそのまま縦ラインに沿ってT20→BULL→T3→D3と合わせていく 調整OK

ダーツが上に飛ぶ時テイクバックを長く 長く引くとダーツに伝わる力は少なめに。ゆるやかな飛びになる。テイクバック長めの軌道イメージ リリース テイクバック最下点

ダーツが下にさがる時テイクバックを短く 引きが短くなると手前で投げることに。力が伝わり勢いのある飛びになる。テイクバック短めの軌道イメージ

引きの短めなテイクバックでダーツに力を伝える

「調整には自信ありますよ」と言う岡田宗明プロに、ダーツを狙いに合わせるための調整法を聞いてみた。
「最初に、20ダブルばかり狙うんです。20ダブルをきちんと合わせることができれば、20トリプルもブルも3トリプルも3ダブルも合わせるのは簡単。上から下に合わせるのは楽なんです。上に投げる時と同じ力で少しずつ下に振れば良いので」
縦のラインを合わせて、上から下へ。これは早速試してみたいところ。
では、思い描く飛びと実際の飛びが違って上下が合わない時は、どうしたら良いだろうか。
「僕の場合は、力の入れ具合ではなく、テイクバックの引きの長さで調節しています。ダーツがさがる場合は、あまり引かないで投げる。ダーツが上に飛ぶ時は引いて投げる。引きの長さを変えると、ダーツの飛びが変わってきます。引きが短いとダーツに力が伝わるんですよ。ほとんど引かないで投げる人がいますよね。あれは、テイクバックをなくすことで勢いをつけてる場合がほとんど。逆に引きすぎると、ダーツに力が伝わらないんです」
とは言え、そうした調整を試合中に意識しすぎるのも考えものだと岡田プロは言う。
「入ってる時は、「もうちょい上だ」とかまったく考えないもの。でも調子が悪いと、「いやあ、下にいくなあ」「なんで入んないんだろ」とか考えちゃうんです。試合でそんなことを考えるとダメですね。予選敗退ですよ。試合では、はずしても何も考えないで、そのまま打ち続ける。常日頃の自分の練習を信じて投げるしかないんです」
調整はあくまでも試合前に。試合中は何も考えず、集中して投げるのが大切。やはり日頃の練習が決め手と言えそうだ。

いつもの飛びにアジャスト 力みをなくせば飛びは良くなる!

ダーツがいつもより「飛ばない」場合、原因の多くはフォームの崩れや力み
によるもの。リラックスとフォームチェックで理想の飛びに合わせよう!!

まっすぐ振り出す ダーツをこねない まっすぐ引く 肩の入れ方 ひじの角度 THROW TAKE BACK ADDRESS 力みないスロー いつもどおりのフォーム

試合時には全身を使って調整することも必要だ

ダーツの飛びが悪いと感じる日は、誰にでもあるもの。そんな時、ダーツに力を乗せようと、いつもより力を込めて投げたり、思いっきり腕を振ったりすると、さらに調子を崩す悪循環にハマりがち。「いつもの自分の飛びじゃないなと思う時は、どこかに力が入ってたり、フォームが崩れていることが多いんです」と、プロは言う。「例えば、大会の日の朝、飛びがすごく悪いと感じたら、空いてる台をみつけて、飛ばし方だけを練習します。周りがみんなブルの練習してる中で、入る入らないはあんまり考えないで、自分のフォームのチェックですね。全体的なバランス。軸がぶれていないとか、肩やひじ、グリップがおかしくないか。フォームは良いにもかかわらず変な飛びだったら、どこかに力が入ってるから、力を抜いて投げるようにします」それでも飛びが戻らない場合は、さらに調整すると言う。「基本は、自分の投げ方を貫き通したいんですけどね。大会では、即席で合わせないとダメな場合もあるから、できる範囲であらゆることを試してみます。試合中、いつものグリップでいつもの投げ方をしてるつもりなのにダーツが届かない時は、ちょっと後ろを持ってみたり。そうすると僕の場合はダーツに力が乗って飛んだりするので。普段はオープンスタンスですが、飛ばないとか、飛びすぎる時にあえてクローズスタンスにして「今日はこの方が合うわ」とか。いろいろ変えまくります」「ダーツは全身でせなアカン」と言う楠谷プロが試みる、全身を使って狙い、的に近づける調整法。どうしても合わせたい時の奥の手として試す価値がありそうだ。

それでも合わない時のBILLY流アジャストテク

フォームはいつもどおり。力みも特にない。それでも飛びがイマイチな時は、全身を使って合わせる!

グリップを変えてみるダーツに力が伝わる! いつものグリップ 親指と人差し指でバレル重心を持つ 調整 バレル重心のやや後ろを持つ スタンスを変えてみる 距離感が変化! いつものスタンス スローラインと 右足が45度になるオープンスタンス 調整 スローラインと右足が平行になるクローズスタンス

距離感の違いをアジャスト 立ち位置を変えて狙いを合わせる!

例えば、コークで先に投げた相手のダーツがインブルの真上に刺さっ
た場合。例えば、ベッドを狙うのに自分のダーツが邪魔になる場合。
いつもと立ち位置を変えて狙うことで弾かれずに入れることができる。

立ち位置を変える ターゲットに角度をつけて立つターゲットの正面に立つ 狙う部分が見やすくなり弾かれる確率が下がる 先に刺さったダーツに次のダーツが弾かれる可能性大

正面から入れる時の感覚を斜めからの狙いに応用すべし

狙ったところの真上にダーツが刺さった時、同じ立ち位置から同じ投げ方で狙えば、先に刺さったダーツに弾かれてしまう確率が高い。こうした場合、「弾かれる確率を少しでも下げるために違う角度から投げます」と言うのは星野光正プロだ。「腕は内側に向けて入りやすいから、右利きなら右から狙う方が楽ですね。右利きの人が左から狙うと外側に払う形になりやすいので。ただ、右上に刺さっていた場合、邪魔になるから左から狙います」では、立ち位置を変えた場合、どうやって狙いを合わせたら良いだろうか。「誰でも、普段は自分で思う最短距離を通して投げてると思います。そこから入れる感覚は持っているはずなので、それを基準にして考えるんです。盤面を斜めから見ることになるから、見え方は変わりますが、飛びをイメージしてそこに飛ばすというのは同じです。今入ったのと同じ投げ方で、ちょっとズレてやれば違う場所に刺さるはず、というイメージは大切ですね。違う角度に立ったことで距離が伸びて矢のさがる距離を稼いでしまってるわけだから、その分を考慮して、力加減を調節するんです。だから、まずは狙ったところに入れられる体を作りあげることが必須条件。それがあって初めて違う角度からも入れられるんです」最短距離で狙う感覚についても、それを応用して角度をつけて狙う感覚についても、結局は何度も繰り返すことでその感覚を体で憶えるしかない、と星野プロ。普段の対戦時から、立ち位置を変えて狙うべき状況が訪れた時など、どんどんトライしてみることが良さそうだ。

正面から狙う 最短距離で狙える 普段から投げなれているので、入れる感覚が身についている 角度をつけて狙う 通常より距離が少し遠くなる 普段と違うところから投げるので難易度は上がるが、先のダーツに弾かれることを回避できる ボードに角度がつくことにより空間を把握しやすい 立ち位置はどのくらい変える 狙いに対して角度が大きくなるほど、距離は普段より遠くなる。つまりできるだけ少ない移動の方が、いつもと同じ感覚で投げやすい。例えば、インブルの真上に刺さってたら、ホンマにダーツ1本分ぐらいのズレと考えて横から行く感じですね(星野プロ) 邪魔にならない最小限の角度で立ち位置を移動するのが、違う立ち位置からアジャストするコツと言えそうだ

←PREV LESSON
「構え」と「狙い」
NEXT LESSON→
Coming Soon